【外反母趾.足育をはじめとした足の悩みの専門院 西船橋1分】外反母趾が育まれた理由とは

私の外反母趾は?

あまり気にしていなかった外反母趾が、急に痛くなった。軽度だと思っていたのに、気づいたら重度になっていた。病院に行っても湿布を出されて、手術を勧められる。靴選びも大変。どんどん幅が広くなるので適した靴がない・・・。

安心してください。外反母趾の痛みは比較的すぐに取れます。手術や装具をつける必要はありませんが、お履き物を気を付ける必要はあります。外反母趾でお悩みの方が、お履き物を意識をしていただくことは必須です。お履き物と足の使い方を気を付ければ、悪化が防げるどころか、それだけで改善も見込めますよ!

急に足が平べったくなる理由は?

最近急に外反母趾が悪化したという方は、次のようなことが考えられます。それは50代で足のカカトの骨、この骨の角度が変わってくるというもの。よって足の骨同士の並びが変わってきます。50歳を過ぎて外反母趾・内反小趾・偏平足・足がやたらと平たくなった・・・という方はこのような生理的な現象がはたらいています。

ではなぜ50代で足の状態が変わるのか。普通に考えると、前線を引退した60代の方が歩行数も少ないので変化するのではなかろうか・・・。ということが考えられます。理由は不明です。しかし50代で足の状態が変わる割合は、とても大きいです。足が変われば歩き方にも変化がでます。ここで足のケアをするかしないかで、将来の歩行状況が変わります。ご自身の未来の為に、足の状況を知ることは大切です。

その打開策は2つ。1つは正しい靴・インソールなどが必要です。靴を履いていない時間ももちろんありますので、姿勢・歩き方の改善も必要です。2つ目は足の使い方、つまり姿勢や歩き方になります。

ふたつの打開策

1つめは、正しい靴・インソールが必要です。靴は踵がホールドされるもの。日本人の足に合った、日本のメーカーの靴が必須です。
そして2つめは姿勢や歩行です。①~③を実践してみましょう。
①お尻を締めて脚を外側へテンションをかける。これによって骨を締める役割があります。②脱力してください。力を必要ありません。③足踏みをしてから、足を挙げるように歩いてみてください。痛みはすぐに取れると思います。

歩いて外反母趾が痛い場合は、カットバンやテーピングでガードしてあげてくださいね。治るわけではありませんが、当たって痛むのを予め防ぎましょう。

 

なんだかよくわかないな・・・という方は当センターではトライアルコースというものを用意しております。

1,980円でお試しいただけます。ぜひ気軽にお問合せください。お子様に特化したキッズコースというものもございます。

 

皆様の足が良くなって、未来の生活に変化が訪れることを願ってます!最後までお読みいただいてありがとうございました☆☆☆

 

ご予約はこちらからどうぞ

(ご希望のお日にちやお時間がない場合は、直接ご連絡ください☎0474012534)

 

外反母趾など足の悩みの専門院 足のケアセンター船橋

 千葉県船橋市西船4-29-13ルネスgen301

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です