日常生活も運動だ!【外反母趾.足育をはじめとした足の悩みの整体院 西船橋1分】

サッカー少年

サッカーの練習を頑張りすぎると「ボールを蹴るとアキレス腱の奥の方が痛い」という症状がみられることがあります。ボールを蹴った時に足が下を向くのですが、足が下を向いた時に、その上にあるスネの骨とぶつかって起こる損傷です。「距骨後突起障害」といいます。足が過剰に下を向くと骨がぶつかりますので、ぶつからないように制限させる必要があります。

大人がサッカーで気を付けなければいけないのは、アキレス腱断裂です!特に40代で多く発生します。「オレ、まだ動けるぜ」と頭の中で思ってしまうことが発生理由です。アキレス腱はパルテノンソシキと呼ばれる組織に包まれていて、実は1トンの引っ張りに堪えられると言われています。しかし年齢とともに伸縮が乏しくなるということを頭に入れておきましょう。そして断裂はしなくてもアキレス腱付着部で炎症が起こることもあります。気を付けましょう!

 

ランナー

ランニングで注意しなければならないケガはたくさんありますが、よくあるのが膝の外側が痛くなる「腸脛靭帯炎」というものです。私も30代の頃これに悩まされました。当時私はランニングにハマっておりまして、月1回大会に出場するという目標を持っていました。そしてある大会で膝の外側がついに痛み始めました!!本当にひどいと1ぽ歩く度にズキっと痛みが走ります。

理由はお尻から出ている「大腿筋膜張筋」という大きな筋肉。これが太ももの横にくると「腸脛靭帯」という名前に変わり膝の外側を経てスネの外側でとまります。これが膝のところで摩擦を受けて発生します。

よく走る方はこうならないように、日ごろからケアをしておくことが重要です!

 

日常生活も運動だ!

以上のようにスポーツによって、いつの間にか損傷しやすいものがたくさんあります。テニスではテニス肘・腱鞘炎・腰椎すべり症、剣道では尺骨骨折、野球では野球肘・骨盤剥離骨折などなどたくさんあります。その場合は局所をフォローしつつ、フォームを変えたりして負担がかからないようにすると思います。

運動をしていなくても、ジワジワと損傷するものがあります。例えば膝の痛み、腰の痛みなどです。その場合皆様は局所のフォローはしますが、フォームの見直しまではあまりしないようです。そこを変えないと痛みはまた再発します。この場合のフォームとは、姿勢や歩き方です。つまり「足」への意識を変えないと、痛みは繰り返します!!

なかなか膝や腰の痛みが良くならない・・・という方はぜひ一度足から見直してみてはいかがでしょうか??こちらのブログのバックナンバーを読み返していただければ、ヒントになると思います。ご不明点がありましたらぜひご相談ください。

ご自身の足を根本からどうにかしたいという方は「トライアルコース」を2,980円でお試しいただけます。ぜひ気軽にお問合せください。肩こり・腰痛が楽になる整体コース4,400円は足を整え姿勢を正しますので、お身体を根本から変えることが可能です。お子様には「キッズコース」4,980円もございます。

 

足のケアセンターの理念は「足を正して健康寿命を伸ばす」ことです。足ケア3メソッド(動作・足学・整体)で皆様の足とお身体が良くなって、未来の生活に変化が訪れることを願ってます!最後までお読みいただいてありがとうございました☆☆☆

 

ご予約はこちらからどうぞ

(ご希望のお日にちやお時間がない場合は、直接ご連絡ください☎0474012534)

 

外反母趾など足の悩みの専門院 足のケアセンター船橋

 千葉県船橋市西船4-29-13ルネスgen301

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です