命に関わる骨折を回避しよう【外反母趾.足育をはじめとした足の悩みの整体院 西船橋1分】

日常生活を突然奪う骨折とは

どんな骨折も、少なからず日常生活に影響を及ぼします。特に怖いのが、股関節の骨折「大腿骨頸部骨折」です。そんなの手術すれば治るんでしょ??と思われるかもしれません。折れる場所によって特徴が変わります。関節の中で折れると、血液の循環が悪くて治りにくいです。じゃあ、関節の外なら治りやすいかというと、そうでもありません。関節の外で折れるのは、転ぶなど外からの大きな刺激によります。ですのでダメージが大きいです。

実は大腿骨頸部骨折の手術を終えて、1年以内に亡くなる方は10~30%!!手術の後寝たきりになり、肺炎になられる方が多いようです。

高齢者に多い骨折ということは・・・

高齢者に多いということは・・・超高齢化社会となる今後更に大腿骨頸部骨折は増加するということです。今でも年間25万人いると言われています。いつまでも健康でいられるよう、そして未来の若者たちの負担が少しでも減るよう、大人の私達は今から努力することが必要です。ではどうするか・・・。

良くお聞きするのが「転んで折れる」というもの。転ばないように日頃から運動しておくことが大事です。当センターで練習する歩き方は、転びにくい歩き方になりますのでご相談ください。

転んで折れたのではない!?

しかし最近言われているのは「折れて転ぶ」という説。転んで折れるのではなく、折れたから転んだ、とも言われています。折れるということは、弱っていたということ。特に女性の場合は更年期を過ぎると1パーセントづつカルシウム率が減り、骨粗しょう症になりやすいです。毎年チェックしましょう。そして、股関節に負担がかかり続けていることも原因となります。

たとえば足の指が地に着いていない「浮指」があると、足の接地面積が減ります。ということは体のバランスが悪くなる。つまり体のどこかに負担がずっとかかり続けるのです。「浮指」は痛くもかゆくもありません。でも実は指が浮いているが為に、片方の股関節に荷重がかかり続けて80歳を過ぎたころに大腿骨が折れてしまう!ということも、ありうるのです。外反母趾がある方や、慢性腰痛・膝痛などの方にも「浮指」症状は多く、今から治す努力が必要なのがお分かりいただけたかと思います。ご自身の基礎である足元から見直してみてください!

 

ご自身の足を根本からどうにかしたい・慢性的に痛い首や腰をなんとかしたい・・・という方は当センターではトライアルコースというものをご用意しております。

なんと今だけ1,980円でお試しいただけます(2024年5月現在)。ぜひ気軽にお問合せください。お子様に特化した「キッズコース」や、肩コリ・腰痛の「整体コース」もございます。

 

足のケアセンターの理念は「足を正して健康寿命を伸ばす」ことです。足ケア3メソッド(動作・足学・整体)で皆様の足とお身体が良くなって、未来の生活に変化が訪れることを願ってます!最後までお読みいただいてありがとうございました☆☆☆

 

ご予約はこちらからどうぞ

(ご希望のお日にちやお時間がない場合は、直接ご連絡ください☎0474012534)

 

外反母趾など足の悩みの専門院 足のケアセンター船橋

 千葉県船橋市西船4-29-13ルネスgen301

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です